ワキガになる原因と施設での脱毛によるワキガの改善について

脱毛でワキガを改善

ワキガを解消した女性
ワキガの原因を招く主な原因は、アポクリン腺がワキガと密接な関係にあるからです。

なぜなら、アポクリン腺は生殖機能が発達する時期になると活発化する汗腺だからです。

その上、アポクリン腺には塩分が含まれていない上に糖質が豊富に含まれるので、雑菌が繁殖しやすいです。

その影響により、脇毛に雑菌が多く繁殖するようになるので、雑菌が繁殖するほどワキガがキツくなります。

けれども、無駄毛を処理してもらうためにクリニックやサロンに行くと、脇の臭いが改善されることが多いです。

とはいえ、ワキガの臭いがキツい人が初めて施設での脱毛を受けると、ワキガの臭いが強くなることがあります。

なぜなら、クリニックやサロンで脱毛を受けると、肌にレーザーや光を照射するので、体が発熱作用を起こすからです。

クリニックでのレーザー脱毛がいい

初めて施設で脱毛を受けた後にかく汗の量が増えることで、ワキガの臭いが強くなる人もいます。

けれども、施設での脱毛に通う回数が増えるにつれて、脇毛を処理する回数が増すので脇毛が生えにくくなります。

なので、脇毛に雑菌が繁殖しにくくなるのでワキガの臭いが強くなるのを防げるようになります。

ちなみに、施設での脱毛においてワキガの改善効果が高いのは、クリニックでのレーザー脱毛となります。

理由は、クリニックは医療機関となるのでサロンでの脱毛より出力の強い脱毛器具を使えるからです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*