流れに逆らった剃り方で埋没毛になってしまう

カミソリを使ったムダ毛処理

埋没毛
カミソリを使った処理方法の1つに、逆剃りがあります。流れと逆方向に剃る方法です。

そもそも体毛には、必ず流れがあります。その流れに沿って剃っていくのが、一番大切なのです。

例えばすね毛などは、基本的には上から下に体毛が流れています。ですからすね毛は上から下という流れで、剃っていく必要があります。

ところが人によっては、その流れに逆らっているのです。上から下でなく、下から上に剃っている方々もたまに見かけます。

埋没毛について

ところでその剃り方は、埋没毛を引き起こしやすいのです。もしも埋没毛が心配な時には、その処理方法は改める方が良いでしょう。

そもそも埋没毛という状態は、肌の傷との相関関係があります。やはり肌に対して傷が生じてしまえば、皮膚の厚みなども高まりやすいですから、埋没状態になる確率も高まるのです。

そして上記でも触れた通り、流れに逆らった剃り方ですと、皮膚に大きなダメージが生じてしまいます。つまり、逆剃りは良くないのです。

逆に流れに沿っている剃り方ならば、特に問題はありません。上記のすね毛というパーツでしたら、上から下に体毛が流れている訳ですから、その方向に剃っていくのが望ましいでしょう。

何もすね毛だけでなく、他のパーツも同様です。体毛がどの方向に流れているかをよく認識した上で、正確な処理をするよう心がけるべきでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*