産後に脱毛する方法について

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後は、ホルモンバランスが変化することによりムダ毛が濃くなりやすいです。

なぜなら、妊娠中は女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるので、産後でも男性ホルモンの割合が多くなるからです。

そして、産後はホルモンバランスが崩れているため肌が敏感な状態となります。

よって、クリニックに通ってニードル脱毛を受けようとしても、脱毛を断られることになります。

また、ニードル脱毛より肌に痛みを伴わない光脱毛やレーザー脱毛であっても、産後に受けてもムダ毛を処理できない可能性が高いです。

肌が敏感な状態だと、毛根細胞が機能していないので光やレーザーを肌に当てても、光やレーザーが毛根部分に殆ど反応しないためです。

なので、産後に脱毛を受ける場合は、ホルモンバランスが落ち着くまで脱毛施設を利用するのを控えることになります。

光脱毛やレーザー脱毛を受けるのがお勧め

そして、産後から半年経つとホルモンバランスが整うので、肌の状態が安定するようになります。

そのため、産後に脱毛する場合はホルモンバランスが整う半年後から脱毛施設に通うのがお勧めされます。

ただし、産後から半年経ってもホルモンバランスが落ち着いていないこともあるので、ニードル脱毛を受けるのはお勧めされません。

よって、産後に脱毛施設を利用して脱毛を受ける際は、体の調子が改善されていても光脱毛やレーザー脱毛を受けるのがお勧めとなります。

特に、光脱毛はレーザー脱毛より肌に痛みを伴わない上に、光脱毛を行うサロンはクリニックより店舗数が多いので利用しやすいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*