他のお店で嫌な思いをしたと話して勧誘を断る

勧誘を上手く断るには

勧誘を断る女性
脱毛サロンからの勧誘を断りたい時には、別のお店を引き合いに出してみるやり方があります。他のお店では、勧誘が嫌だったと先に言ってしまうのです。

例えば、次のように言ってみるやり方があります。「以前に他のお店で勧誘で嫌な思いをしました」と言ってみるのです。その上で、今回はカウンセリングだけを受けるつもりで来店しましたと話してみるのは有効です。

上記の他のお店は、別に実話でなくても構いません。とにかく他のお店で嫌な思いをしたという旨を、最初から話してしまう訳です。

するとお店としては、そう簡単には勧誘できなくなります。嫌がっている来店客に対して強引に話をするのは、明らかに大きなトラブルになるでしょう。そういう話を先に言われると、お店としても勧誘しづらいのです。

それでも勧誘を行ってくるようなお店は、「最初に言ったでしょう」という事もできます。つまり早い段階で勧誘の伏線を張っておく事で、お店に強い勧誘を行えない状況を作り出しておくのです。

勧誘をブロックしておく

実際上記のように最初から言われますと、お店としても引き下がってくれる確率も高まるものです。
それと勧誘を断るだけでなく、そもそもお店が勧誘してくるのを「予防」する目的もあります。早めにその話をしておけば、勧誘をブロックできるのです。

もしも勧誘を断りたい時は、試しに上記のように言ってみると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*